私がなぜ国内FXを辞めて海外FXのXMに乗り換えたのか

投稿日:2019年9月30日 更新日:

Pocket

私は元々国内業者でトレードしていましたが、現在は海外業者のXMでトレードしています。

両方使ったことがある私だからみなさんに伝えられることがあるのではないかと思い執筆致します。

私が国内FXの利用をやめた理由

トレーダーなら過去の経済危機についてご存知ですよね。

 

経済危機

  • スイスフランショック
  • リーマンショック
  • VIXショック
  • ギリシャショック
    など

パッと思いつくだけでぽんぽん出てきました。

 

この時、ポジションを持っていたらなんて想像すると寒気と震えしかないことはお分かりですね。

もしポジションを持っていたらどうなるか分かりますか?

 

その答えは「追証」です。

追証とは、レートが急激に動いた際にロスカットが間に合わない時に発生します。保有ポジションとは逆行して口座残高はもちろんマイナスとなりFX業者から顧客に請求するという状況に置かれます。

 

つまり借金です。

 

いつ経済危機が訪れるかは分かりません。借金するリスクと隣り合わせにいることと同じなので、スパッと国内FXは辞めて海外FXに乗り換えました。

借金のリスクは海外FXも同じなのでは?

国内FXをやめたからと言って、借金のリスクから逃れられた理由にはならないのでは?と疑問に思いますよね。

 

たしかに~~ショック(経済危機)はいつ来るかは分かりませんが、国内FXと海外FXでは決定的な違いがあります。

 

それは、海外FXでは急激なレート変動が起きた場合、口座残高がマイナスになっても借金になることがありません。

私が利用しているXMではそもそも追証という仕組みはありません。「ゼロカット」という仕組みを採用しています。

ゼロカットシステムについて

ゼロカットシステムとは、万が一口座残高がマイナスに転じたとしてもXMではXM側が損失分(マイナス)を補填するといった仕組みです。

 

海外FXではXMのみならず、ほとんどの業者がゼロカットを採用しているため、口座残高以上に損失を発生することはありません。

国内業者の場合

急激なレート変動が発生し口座残高がマイナスになった場合には追証が発生し追加入金をする必要がございます。

国内FXと比べると海外FXはレバレッジも高くロスカット水準が低い為、証拠金維持率20%まで耐えることができるため、実行レバレッジがよっぽど無茶な数値でなければ簡単にロスカットで資金がショートするはありません。

海外FXは危険という情報が多いけど、大丈夫?

海外FXってワードだけで「危ない」「不安」と感じてしまっている人多いです。

 

その多くはこれらの理由ではないでしょうか?

不安の理由

  • 会社の信用性が低いので倒産するか心配
  • 海外FXは違法ではないのか?
  • レート操作
  • 出金できるのか

このような疑問を抱くのではないかと思われます。

 

たしかに、国内FXよりは海外FXってイメージはあまり良くはないですよね。国内FXのほうが会社としての信用度は高いと思われますが、それは業者によってはマチマチです。

 

仮にXMが倒産したとしても、XMでは顧客の資本を分別保管をされているため、万が一のことがあっても1顧客1億までは返却ができるよう保険会社に加入されている優良業者です。

ちなみに国内FXでは信託保全という考え方です。詳しくはググってな。

 

出金についてはXMでは問題を聞いたことがありません。

仮に出金できないということは規約に背いた行動している可能性があります。ルール違反をしたら罰せられるのは当たり前です。それはもちろん国内でも同じで酷い場合は口座凍結もありえます。

 

レート不正操作に関しては国内、海外FXともにあります。これは国内で相当話題にもなったドル円ショックです。

国内業者の楽天FXによるものです。突如15円(1500Pips)ほどのスプレッド(取引手数料)を発生し、大損を招かれるドル円ショックです。

 

15円なんて大抵の人は耐えられるわけがねーよ・・・

 

国内FXも、業者によっては信用できない事を分かっていただけたのではないでしょうか?

海外FXの危険性は業者ではなく、レバレッジ?

海外FXの魅力と言われるものの1つが「レバレッジ」です。

 

海外FXは国内FXと比べるとレバレッジが何十倍と違います。国内では最大25倍と決まっていますが、海外では200倍~3000倍のレバレッジを掛ける業者が存在します。私が利用しているXMでは最大888倍ですが国内と比べるとおおよそ35倍ほどです。

 

海外FXが危険と言われるのは、私が思うに絶対レバレッジです。

国内FXでもひと昔は数百倍ほどのレバレッジがかけることができましたが金融庁が危険と判断され、25倍と変更となりました。

 

去年にはさらに25倍→10倍への規制するといった噂がありましたが、なんとか回避されたみたいですね。

国内FXのどこの業者かは忘れましたが、ある統計でトレーダーの平均レバレッジ10倍以上ということが発覚したようです。

 

みんなレバレッジは掛けたいということです←

 

レバレッジは高すぎると背水の陣の覚悟でポジションを握らなければなりません。口座の設定が888倍だとしても適切な実行レバレッジでポジションを取れば確実に資金効率が良いのは国内よりも海外ということ明白ですね。

まとめ

  • 借金のリスクが無い、ゼロカットシステムを採用しているから
  • ロスカット水準が低いため
  • 海外FXの中でも長年運営しているXMは信頼度がある
  • 高レバレッジで資金効率が国内より段違いに良い

上記が理由で私は海外FXを利用しています。

口座開設で3,000円もらえる

-XM(XM Traiding)

Copyright© 海外FX・XMで人生逆転 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.